【アジア プロ野球チャンピオンシップ2017】

【アジア プロ野球チャンピオンシップ2017】
昨日、東京ドームで開幕戦の日本代表と韓国代表の試合が行われました。
韓国代表が9回裏に同点に追い付き、10回表に韓国代表が3点を取り、勝ち越しました。
日本代表が10回裏に逆転する劇的なサヨナラ勝ちを収めました。
日本代表8×-7韓国代表

【福岡ソフトバンクホークス“日本一”】

【福岡ソフトバンクホークス“日本一”】
『2017 日本シリーズ』の第6戦目が行われました。
福岡ソフトバンクホークスが“日本一”を奪還しました!!
試合は横浜DeNAベイスターズが先発の今永投手の好投で9回1アウトまで勝っていましたが、ホークスのキャプテン内川選手が同点ホームランを放ち、延長11回川島選手が劇的なサヨナラヒットを放ち、福岡ソフトバンクホークスが2年振り8度目の日本一を史上3度目のサヨナラ勝ちで決めました!!

【2017 日本シリーズ第4戦】

【2017 日本シリーズ第4戦】
『2017 日本シリーズ』は、横浜スタジアムで第4戦目が行われました。
横浜DeNAベイスターズが初めて先制して2本塁打を含む12安打6得点でした。投手陣も福岡ソフトバンクホークスの打線を2安打完封リレーで一矢報いりました。
第5戦目は、福岡ソフトバンクホークスが優勝を決めるか!?それとも横浜DeNAベイスターズが連勝して福岡に舞台を戻す事が出来るか!?

【2017 日本シリーズ第3戦】

【2017 日本シリーズ第3戦】
『2017 日本シリーズ』は、横浜スタジアムで第3戦目が行われました。
福岡ソフトバンクホークスが1戦目・2戦目の勢いそのままに舞台を変わっても横浜DeNAベイスターズに勝って3連勝となり、“日本一”に王手としました。
第4戦目は、福岡ソフトバンクホークスが4連勝で優勝を決めるか!?横浜DeNAベイスターズが一矢報いるか!?

【2017 日本シリーズ第1戦・第2戦】

【2017 日本シリーズ第1戦・第2戦】
28日(土)から始まった『2017 日本シリーズ』。
第1戦は福岡ソフトバンクホークスが打線爆発で10-1の完勝!!
第2戦は両先発の好投もありましたが、決勝点の判定が覆るという形もあり4-3と福岡ソフトバンクホークスが勝利し2連勝としました。
福岡ソフトバンクホークスがこのまま押し切るのか!?
それとも横浜DeNAベイスターズが地元で巻き返すか?
10月31日から絶対に見逃せない戦いは福岡から横浜に舞台を移します。

【2017日本シリーズ】

【2017日本シリーズ】
いよいよ、本日『2017 日本シリーズ』が開幕します。
セ・リーグ史上初の3位から下剋上で日本シリーズ進出となった横浜DeNAベイスターズが制するのか?
それとも史上最速でパ・リーグを制覇した福岡ソフトバンクホークスが制するのか?
絶対に見逃せない戦いが始まる!!

【プロ野球ドラフト会議】

【プロ野球ドラフト会議】
本日、17時からプロ野球ドラフト会議が行われます。
来年のペナントレースを左右する注目選手のどこへ行くのか?
見逃せません!!

【クライマックスシリーズファイナルステージ セ・リーグ第5戦】

【クライマックスシリーズファイナルステージ セ・リーグ第5戦】
横浜DeNAベイスターズが9-3で広島カープに勝ち、19年振りに日本シリーズ進出ました。
セ・リーグでは史上初の3位からの日本シリーズ進出となりました。
日本シリーズはどうなるか?パ・リーグ覇者のソフトバンクホークスが勝つのか?それともDeNAベイスターズが更なる下剋上が起こすのか?注目ですね。

【クライマックスシリーズファイナルステージ セ・リーグ】

【クライマックスシリーズファイナルステージ セ・リーグ】
クライマックスシリーズファイナルステージでパ・リーグは、福岡ソフトバンクホークスが東北楽連イーグルスに2連敗後、3連勝して4勝2敗として日本シリーズ出場を決めました。
一方、セ・リーグも横浜DeNAベイスターズが初戦は落としたものの土日の雨天中止を挟んで広島カープに3連勝し、3勝2敗として日本シリーズへ王手となりました。
現在、横浜DeNAベイスターズが4-2とリードしております。
下剋上なるか!?注目ですね。

【クライマックスシリーズファイナルステージ第3戦】

【クライマックスシリーズファイナルステージ第3戦】
クライマックスシリーズファイナルステージが第3戦目
パ・リーグはソフトバンクが7-5で楽天に勝ち、2勝2敗となりました。
一方、セ・リーグもDeNAが広島に勝ち、2勝2敗となりました。
セパ両リーグともに今日勝ったチームが王手となります。
今日の試合も見逃せません!!